法律から見るオンラインカジノの存在

【オンラインカジノは優れたギャンブルコンテンツではあるものの】

インターネット上に存在しているオンラインカジノは、手軽に利用しやすいギャンブルとして知られています。
オンラインカジノは店舗が存在しないからこそ、24時間いつでもどこからでもギャンブルが楽しめるというメリットがありますが、オンラインカジノの利用にあたっては何も良いことばかりというわけでもないようです。
それは、日本では法律による規制があることが原因となっています。

The online casino bonus?(オンラインカジノのボーナスとは?)

【賭博罪では取り締まることができない】

いわゆる賭博罪と言われるもので、例えば身近なパチスロや、競馬などの公営競技、そしてポピュラーな宝くじといったギャンブル以外は賭博罪によって摘発の対象となってしまいます。
もちろんこれはオンラインカジノも例外ではなく、もしオンラインカジノを日本国内で運営しその利用者が居た場合は違法と判断されてしまいます。
しかしほとんどのオンラインカジノの運営団体は海外に所在していることから、賭博罪の厳密な定義に当てはまらない点が指摘され、合法なのか違法なのかわからないのが現状です。
司法当局の判断によっては、例え海外のコンテンツであっても国内に利用者がいれば取締の対象と見る場合もあるものの、実際に裁判に至っては不起訴となる可能性が高いことから、非常に難しい立場と言えるかもしれません。